HTML + WordPressテンプレート 『賢威』 レビュー

15,000人以上が導入している
『HTML + WordPressテンプレート』

専門知識は一切不要。
たった30分で設定完了。

バージョンアップ完全無料の
SEO対策に特化した最強テンプレート。

賢威/松尾茂起(株式会社SEMライダー)
賢威





SEO対策の正解

SEO対策

正式名称「検索エンジン最適化(Search Engine Optimization)


アフィリエイトなどのインターネットビジネスでは
必ずと言っていいほど登場する言葉で、
あなたも一度は耳にしたことがあると思います。


ブログ集客をメインとしたアフィリエイトでは
SEO対策は避けて通れないものであり、
誰もが頭を悩ませる部分でしょう。


しかし、SEO対策の正解は誰も知りません。


SEO対策の正解をすべて知っているのはGoogleの中の人(社員)だけで、
私たちには正解の一部だけが公開されているにすぎません。


ちなみにGoogleが公表しているSEO対策の正解の一部、
いわゆるガイドラインは以下のリンクから確認することができます。

> Search Console ヘルプ「SEO が必要なケース」


海外独特の分かりづらい日本語で書かれているので(笑)
まとめると以下のとおりです。

  • Googleクローラーが解析できるようにする。
  • robots.txtやsitemap.xmlを作成し、
    Googleクローラーがあなたのサイト・ブログを解析できるようにしましょう。

  • Google側が分かりやすいサイト構造にする。
  • descriptionメタタグやaltタグ、titleタグなどを適切に使ったり、
    Googleが分かりやすいソースコードにしましょう

  • 読者を第一に考えたコンテンツを作る。
  • Googleは読者のことを第一に考えているサイト・ブログを最も評価します。
    読者が使いやすい構造で、かつ価値を感じるコンテンツを作りましょう。
    モバイルにも対応しているとより良いです

  • 不正行為をしない。
  • 検索ランキングを操作するなど、不正行為は許しません。
    発見次第、ペナルティを施します。

  • 広告を出して検索上位に表示させる。
  • お金を払うことで、あなたのサイト・ブログを「広告」として
    上位表示することができます。



分かりやすくするために少し省きましたが、
基本的にはたったこれだけしか公開されていません。


それにも関わらず、正解の分からないSEO対策を追い求めて

「○○すると検索上位に表示されやすいらしい」

というような、小手先の「SEO対策もどき情報」が
ネット上には溢れかえっています。


もちろんその情報の中には正しいものがあるかもしれませんが、
Googleの検索アルゴリズムは刻々と変化しています。


今は有効なものでも、それが将来有効かどうかの保証は無いということです。


そんな将来不透明なものを追いかけるよりもコンテンツの質を上げ、
読者が少しでも価値を感じるよう努力する。


そのため私は「ほんのちょっとの手間でできるSEO対策」だけを自分で施し、
それ以外の時間はコピーライティングのスキルを鍛え、
読者が価値を感じるブログコンテンツを作成できるようにしているというわけです。

> (参考)コピーライティング講座

> (参考)SEO対策講座


実際にGoogleもコンテンツの質を最重要視しているのは
上記ガイドラインのとおりですしね。


しかしながら、コピーライティングスキルを鍛えてもどうにもできない
Googleのガイドラインがあることは事実です。


それは上記ガイドラインの赤文字部分

  • Googleが分かりやすいソースコードにする。
  • モバイルに対応する。

この2点ですね。


それ以外のガイドラインについては、
robots.txtはすぐにでも作成できますし、
sitemap.xmlはWordPressであれば「Google XML Sitemaps」という
プラグインを使えば解決です。


それほど知識が無くても

「ネットで調べれば簡単に分かるレベル」

の内容なんです。


しかしこの2点については
かなりの専門知識が無いと解決できるものではないと思います。


正直な所、システムエンジニア(SE)である私もこの手の分野は完全に畑違いで、
ガイドラインの理解はできても、それを解決することはできません。


それこそ膨大な時間をかければ自力で解決できる自信はありますが、
副業でアフィリエイトをやっている私にそんな時間はありません。


そこで考えたのが、

「きれいなソースコードになっているテンプレートを使う」
「モバイル表示に対応しているテンプレートを使う」

ということでした。


自分で解決するために膨大な時間を使うよりも、
既に技術的な対策が施されたテンプレートを買う。


つまり「お金で時間を買う」という選択をしたわけです。


そんな中で見つけたのが、今回ご紹介する

賢威

と呼ばれるテンプレートです。



たったの30分で設定完了。簡単インストール

WordPressのテンプレートをインストールして設定する。


そう聞くとあなたは

「なんだか難しそう・・・」
「時間かかりそうだなぁ・・・」

と思うかもしれません。


しかし賢威のテンプレートはそんな不安を払拭してくれるような、
他にはない工夫が施されています。


まずはテンプレートの基本デザインを設定する場合。


多くのテンプレートはインストールが完了してから
細かな設定を行っていくのが普通なのですが、
賢威は大まかなデザインを設定してからダウンロード・インストールを行います。


その様子が以下の画面です。


※画像をクリックすると拡大画像が表示されます。
賢威設定画面


つまり、大まかなデザインを「完成予想図」を見ながら設定し、
その後でテンプレートをダウンロードすることになりますので、
インストール後に細かな設定をする必要がありません。


インストール後の設定も非常に少なく、

  • ブログタイトル
  • ブログの説明(トップページのdescriptionメタタグ)
  • カラム数(1~3カラムが選択可能)
  •  → ただし、賢威7以降のバージョンは3カラムが廃止。

たったこれだけです。


初心者でも30分、
慣れていれば10分もかからないと思います。


仮にもし設定したデザインが気に入らなかったとしても
何度もテンプレート設定&ダウンロードできますので、
修正も非常に簡単です。


「決して安くはない金額を払ったのに、設定にとても時間がかかる」

そんなテンプレートでは本末転倒ですが、
賢威はまさに「お金で時間を買う」にふさわしいテンプレートだと言えると思います。



Googleが分かりやすいソースコード

ブログを含めたすべてのWebサイトには

ソースコード

が存在します。


ソースコードとはWebサイトやプログラムの元となる文字の羅列のことで、
それをブラウザ(IE、Firefox、Chromeなど)が解析し画面に表示することで
私たちはWebサイトを見ることができます。


当然Googleもこのソースコードを見ており、
ソースコードに含まれる文字やキーワードを解析した結果を
検索結果として表示しています。


そのため、Googleが解析しづらいような汚いソースコードのWebサイトは
Googleに嫌われる傾向があります。


もしあなたが本を読んでいる時、
文章の改行や句読点がめちゃくちゃになっていたり、変な所に空白が入っていたら、
本の内容がどんなに優れていたとしても読む気が失せますよね。


それはGoogleも同じなんです。


ソースコードが汚いとWebサイト解析に時間がかかり、
結果として検索エンジンの負荷が増えてしまいます。


そのため、

「Googleが分かりやすいソースコードにする」

というガイドラインを定め、
ソースコードが汚いWebサイトは検索順位が下がったり、
最悪の場合は検索圏外に飛ばされてしまうということです。


ソースコードがどれだけ分かりやすいかは使うテンプレートによって決まりますが、
ネットビジネス業界で最もソースコードが綺麗だと言われているテンプレートが
この「賢威」というわけです。


ソースコードを綺麗にするにはかなりの専門知識が必要ですので、
とても素人では対応できるものではありません。


しかしそこを「賢威」にすべて任せることで、
専門知識が全くなくても分かりやすいソースコードの
Webサイトが作れるようになるということです。



モバイルに対応する「レスポンシブWebデザイン」

最近ではスマートフォンやタブレットといった小さな端末が広く普及し、
それらの端末からWebサイトを見る機会も多くなりました。


そのためGoogleもモバイル端末に関するガイドラインを定めたのだと思います。


しかしこのような端末、特にスマートフォンは画面の幅が狭いため、
PC用のWebサイトでは非常に見づらいページになってしまいます。


人は「見づらい」という理由だけで、
内容の良し悪しに関係なくWebサイト閲覧をやめてしまいます。


つまりスマートフォンにも対応したWebサイトを作らなければ、
それだけ「見込み客を逃している」ということです。


見込み客を逃がすということは
ブログ集客をメインにしたアフィリエイトにとっては致命的です。


通常、それを防ぐためにはスマートフォン用のWebサイトを別に用意し、
スマートフォンからのアクセスの場合のみそちらに切り替えるという、
非常に手間のかかる構築をしなければなりません。


しかし賢威には

レスポンシブWebデザイン

という、表示幅に応じて自動でWebサイトデザインを変更する技術が搭載されています。


つまり、PC用とスマートフォン用にWebサイトを作り分ける必要がなく、
手間を大幅に省くことができます。


このブログにもレスポンシブWebデザインを採用していますので、
試しにブラウザの横幅を狭めてみてください。


下図のようにサイトデザインが自動で変わるはずです。


<PC用デザイン>
PC用デザイン


<スマートフォン用デザイン>
スマートフォン用デザイン


セールスレター内にもデモ動画がありますので、ぜひ一度はご覧ください。


> セールスレター



「賢威」の効果事例

ここまで「賢威」の特徴について説明しましたが、

「実際にどれだけの効果があったのか?」

という点が最も気になるところだと思います。


そこで、実際に「賢威」をインストールすることで
私のブログの検索順位がどうなったのか、
事例を2つ紹介したいと思います。


なお、2つの事例の検索にはGoogle Chromeのシークレットモードを使っており、
私のGoogleアカウントの影響は受けていない状態です。



賢威事例①

賢威事例①


上図はこのブログを開設して1週間後、記事数1~2個という状態での

「SE ネットビジネス」

というキーワードでの検索結果です。


コンテンツが非常に乏しいにも関わらず、
Google検索結果で3ページ目の最上位(検索31位)に来ています。


最初はいわゆる「Googleハネムーン」の効果とも思いましたが、
記事数は増やしていないにも関わらずこの状態が2~3ヶ月ほど続きましたので、
賢威をインストールした効果だと考えられます。

※Googleハネムーンとは

新規開設されたサイトが検索上位になりやすくなる現象。
およそ1ヶ月ほど続くと言われており、
Google社員もその存在を認めています。

参考:Google社員に尋ねた11個の質問 at #SMX Advanced Seattle 2012




賢威事例②

賢威事例②

賢威事例②


上図はWebライティング教材「才ゼロ」のレビュー記事を
商品名で検索した時の事例です。


ブログ開設して2年ほど経過しています。


ヘッドコピーだけを書いてしばらく放置していたのですが、
間違えて記事を「公開状態」にしており、
2ヶ月ほど経つまで気づきませんでした(汗)


ヘッドコピー数行と画像1枚だけの記事だったわけですが、
それでも商品名検索で3ページ目の2位(検索32位)に来ています。


もちろん、才ゼロの記事以外で検索上位の記事がいくつかありますので、
それに引っ張られて上位に来ていることも考えられます。


しかし中身がほとんど伴っていない記事にも関わらず、
決してライバルが少なくないキーワード1つで
しかも複合キーワードを使わず上位に来ているのは
やはり賢威の効果が大きいと考えられます。



SEO対策の正解と「賢威」の進化

冒頭でも申し上げたとおり、
Googleの検索アルゴリズムは刻々と変化しています。


今有効なSEO対策も、1年後はどうなっているか分かりません。


IT技術というものは、あなたが思っているより変化が早いもので、
色々な会社がその変化に対応すべく四苦八苦しています。

(これは現役SEの私が、現場で常に感じていることです。
 1年前には使えた技術が、今は使えないということはよくあります。)


つまり、日々変化するSEO対策を私たち「個人」が追い続けるのは不可能であり、
プロ(専門の会社)に任せるべきなんです。


幸いなことに、賢威を開発しているSEMライダー社はSEO対策の変化に対応すべく
賢威をバージョンアップさせており、更には

賢威のバージョンアップは原則無料

という、とんでもない取り組みをしてくれています。


基本的にバージョンアップ製品は有料というのがIT業界のセオリーなのですが、
SEMライダー社はそのセオリーを破り、私たちユーザーのために尽力しています。

(有名なMicrosoft社も、バージョンアップは有料ですよね。
 Office2007から無料で2010にバージョンアップできませんし、
 WindowsXPから無料でWindows10にバージョンアップできません。)


このような取り組みをしてくれているSEMライダー社があるからこそ、
専門知識が必要なSEO対策は全て賢威に任せることができ、
私はコピーライティングに尽力できているわけです。


そしてGoogleが最も求めている

「読者を第一に考えたコンテンツ」

を作ることこそが私たちがしなければならないことであり、
それこそがSEO対策の正解だと私は考えています。


もちろん、あなたが自力でSEO対策を追い続けるというのであれば否定しませんし、
むしろ一人のSEとして、それはとてもすごいことだと素直に思います。


時間をかけ自力でSEO対策を追い続けるか、
お金を払ってでもSEO対策のプロに任せるか。


この先はあなた自身が最善と思う方法を考え、ご判断いただければと思います。


> 「賢威」のご購入はこちら



(追伸)「賢威」と「SIRIUS(シリウス)」の比較

私のブログ読者さまからよく頂く質問が

賢威とSIRIUS、どちらを買えばよいですか?

という質問です。


SIRIUSはinfotopで長期間売れ続けているサイト作成ツールで、
ランキングで言えば賢威よりも上に位置するほど人気商品ですね。


両者とも「テンプレート機能」を売りにしているため、
どちらを買えばよいか迷う方も多いようですが、
そもそも両者は全く土俵の異なる商品です。

  • 賢威 ・・・ WordPressとHTMLの“テンプレート”
  • SIRIUS ・・・ テンプレートを含んだ“HTMLサイト作成・管理ツール”



まずお互いの共通点として、
どちらも「独自Webサイト」を前提とした商品です。


つまり、もしあなたが無料ブログを使っている場合は
どちらも利用することができません。


「SIRIUS」は
HTMLサイトの作成と管理や、
Movable Typeからの移行に特化した“ツール”が商品であり、
WordPressにインストールするテンプレートは含まれていません。


つまり、SIRIUSはWordPressでは使えないということですね。


かたや「賢威」は
HTMLやWordPressの“テンプレート”が商品であり、
それらを管理するツールは含まれていません。


もしあなたのWebサイトがWordPressの場合は賢威一択です。


逆にあなたのWebサイトがHTMLの場合は賢威もSIRIUSも使用可能ですが、
管理までやろうと思うとSIRIUS一択となります。


ですがHTMLサイトはその特性上、
WordPressのように柔軟な管理・設定変更はできませんし、
プラグインも使えません。


その点WordPressは管理が容易で、プラグインも豊富に存在しますので、
ある程度のカスタマイズは初心者でも簡単にできます。


もしあなたが「これから新しいサイトを作成したい」という場合、
私は「WordPress + 賢威」をおすすめします。


WordPressの作成方法は私のブログでも解説していますので、
興味があればぜひご覧ください。


> WordPress(ワードプレス)インストール方法と独自ドメイン設定


> 「賢威」のご購入はこちら



無料メールマガジン

私のアフィリエイトノウハウを無料公開中です。

年収5億円コピーライターとのセールスレター共作や
コンサルで培ったコピーライティングスキルを筆頭に、
アフィリエイトで稼ぐための情報を無料発信しています。

いつでも購読解除できますので、まずはお試しでも結構です。
お気軽にご登録ください。

> メールマガジン登録はこちら

このページの先頭へ