WordPress XMLサイトマップ作成プラグイン『Google XML Sitemaps』

あなたが作成した固定ページや投稿をGoogleなどの検索エンジンに
認識してもらうためには

XMLサイトマップ(sitemap.xml)

が必須になります。


※XMLサイトマップとは?
各ページのURL、更新頻度、優先度などを記載したXMLファイルのことです。
Googleなどの検索エンジンはXMLサイトマップの内容を元にあなたのサイトを巡って
情報を収集し、検索結果に反映しています。
XMLサイトマップが無ければあなたのサイトは検索結果に表示されないと思ってください。
それほど重要なファイルです。



通常、XMLサイトマップは手動で作成してサーバー上に配置しなければならず、
内容も初心者とっては専門的すぎて理解し難いものです。


しかも新しいページを作成した時に更新が必要になる場合もあるので、
とてもではありませんが手動で管理できるものではありません。


そんな面倒な作業を自動でやってくれるのが

Google XML Sitemaps

という無料WordPressプラグインです。


このプラグインは
Googleウェブマスターツールともリンクできるので、
WordPressを構築したら必ずインストールしておきましょう。

  1. インストール手順
  2. 設定手順
  3. XMLサイトマップの作成
  4. Googleウェブマスターツールへの登録




インストール手順

※重要※
Google XML Sitemapsの最新バージョン4.○○には不具合があり、
動作が不安定な時があります。
必ず以下の手順で古いバージョンをインストールしてください。
インストール後も更新(バージョンアップ)しないようご注意ください。



まず以下のURLにアクセスします。(別ウィンドウまたは別タブで開きます)
https://wordpress.org/plugins/google-sitemap-generator/developers/


少し下にスクロールして、下図の
バージョン3.4.1
をクリックし、zipファイルをダウンロードしてください。
Google XML Sitemaps


ダウンロードが完了したらWordPress管理メニューを開き、
「プラグイン → 新規追加」
を選択します。
Google XML Sitemaps


下図赤枠のリンクをクリックして次のページに進み、
[参照]ボタンを押してダウンロードしたzipファイルを選択し、
[いますぐインストール]します。
Google XML Sitemaps

Google XML Sitemaps


インストールが完了したら[プラグインを有効化]してください。
Google XML Sitemaps


以上でGoogle XML Sitemapsのインストールは完了です。


続いて初期設定を行いましょう。



設定手順

インストール完了後、WordPress管理メニューの
「設定 – XML Sitemap」
を選択します。
Google XML Sitemaps


多くの設定箇所がありますが、最初は以下5種類の設定を行い、
それ以外は初期値のままでOKです。



① 投稿の優先順位

Google XML Sitemaps

[優先順位を自動的に計算しない]
を選択してください。



② Sitemapコンテンツ

Google XML Sitemaps

どのページをXMLサイトマップに含むかを選択します。

「ホームページ」「投稿」「固定ページ」の3つは必須です。
その他はお好みで構いません。

オプションの
[Include the last modification time.](最終更新時間を含める)
は必ずチェックしておいてください。



③ 含めない項目

Google XML Sitemaps

XMLサイトマップに含めない(=Googleで検索されたくない)投稿のカテゴリの選択や
ページIDの入力を行います。

特に上図赤枠内の
[投稿(個別記事)を含めない]
については、お問い合わせフォームで作成したサンクスページなどを
含めないように設定すると良いでしょう。

サンクスページの詳細については
Contact Form 7』(※別ウィンドウまたは別タブで開きます)
をご覧ください。

なお、ページIDは該当ページ編集画面のURLの下図赤線部分の数字です。
Google XML Sitemaps



④ 更新頻度の設定

Google XML Sitemaps

各ページの更新(新規追加や変更)頻度を選択します。
あなたのサイトコンセプトを考慮して更新頻度を選択してください。

ただしこの更新頻度はあくまで目安です。
Googleがあなたのサイトをチェックする際のヒントでしかないので、
設定したとおりにチェックしてくれないこともあります。



⑤ 優先順位の設定

Google XML Sitemaps

あなたのサイトでどのページを優先的にチェックしてほしいか、数値で設定します。

設定数値は
「1.0(最優先)~ 0.1(ほとんど優先しない)~ 0.0(まったく優先しない)」
の範囲で選択します。

例えばもしあなたのサイトが投稿を多く使うブログ形式のサイトなら、
「投稿」「カテゴリー別」
の数値を最も大きい数値にしてください。




以上で設定は完了です。

[設定を更新 >>]ボタンを忘れずクリックしてください。
Google XML Sitemaps



XMLサイトマップの作成

Google XML Sitemapsの設定が完了したら、
いよいよXMLサイトマップのファイルを作成します。


XMLサイトマップ作成と聞くと難しく感じるかもしれませんが、
リンクを1つクリックするだけの簡単な作業です。


設定画面上部の下図のリンクをクリックしてください。
Google XML Sitemaps


クリック後、下図のようなメッセージが表示されたらXMLサイトマップは完成です。
Google XML Sitemaps


サーバー上に以下2つのファイルが自動的に作成されているはずです。
Google XML Sitemaps



Googleウェブマスターツールへの登録

最後に、作成したXMLサイトマップをGoogleウェブマスターツールに登録します。


※もしあなたがGoogleウェブマスターツールに登録していない場合、
 先にこちらのページをご覧ください。
 (別ウィンドウまたは別タブで開きます。)


まずGoogleウェブマスターツールにアクセスします。
(別ウィンドウまたは別タブで開きます。)


Googleウェブマスターツールのメニューで
[クロール – サイトマップ]
に移動します。
Google XML Sitemaps


画面右上にある
[サイトマップの追加/テスト]ボタン
をクリックしてください。
Google XML Sitemaps


ボタンをクリックすると入力パネルが表示されるので、下図赤枠の部分に
sitemap.xml
と入力して[送信]してください。
Google XML Sitemaps


送信後、ページを更新して下図画面が表示されたら完了です。
Google XML Sitemaps


ただし、送信してもGoogleへ即座に反映されるわけではありません。


1~2日ほど経過したのち、改めてGoogleウェブマスターツールにアクセスして
下図の箇所を確認し、エラーが発生していないかなどを確認してください。
Google XML Sitemaps

Google XML Sitemaps




以上でGoogle XML Sitemapsの設定は完了です。


これ以降はあなたがページを追加してもGoogle XML Sitemapsが
定期的にXMLサイトマップを再構築し、Googleウェブマスターツールへも
自動で送信してくれるようになります。


ただしページ追加後すぐに処理してくれるわけではないみたいなので、
もしすぐに処理してほしい場合は下図のリンクをクリックするようにしてください。
Google XML Sitemaps



無料メールマガジン

私のアフィリエイトノウハウを無料公開中です。

年収5億円コピーライターとのセールスレター共作や
コンサルで培ったコピーライティングスキルを筆頭に、
アフィリエイトで稼ぐための情報を無料発信しています。

いつでも購読解除できますので、まずはお試しでも結構です。
お気軽にご登録ください。

> メールマガジン登録はこちら

このページの先頭へ