「ゆうや」の詳細プロフィール

出張で全国を飛び回る、大学卒の現役医療系システムエンジニア(通称SE)。


会社の評価制度に疑問を抱きモチベーションが0に。


そんな時に出会ったのが「ネットビジネス」でした。




訪問いただきありがとうございます。


ブログ管理人の「ゆうや」と申します。


日本の真ん中に位置する県で生まれて地元のIT(ソフトウェア)企業に就職、
病院内のシステム開発・導入を本業とし、長野~関東~東北エリアを中心に
日本各地で病院システムの構築をしています。



評価が給料に影響しない現実を知りました

私の仕事はほとんどが現地作業です。


そのため出張が多く、北は北海道、南は鹿児島まで出張し、
病院システムの構築を行いました。


社員1人に複数の案件を任されており、
それらが同時進行している状態なので出張移動の連続です。


酷い時は1~2日おきに

「愛知→鹿児島→東京→群馬→岐阜」

という、何とも無謀な出張移動もありました。


出張ついでの観光なんてあったもんじゃないですよね。


始発の飛行機で目的地へ向かい、最終の飛行機で帰ってくるという、
非常にしんどい出張です・・・。


残業や出張移動ばかりで拘束時間が長く辛い仕事ですが、
その中でITスキルはもちろん、お客様との接し方、交渉の方法、立場の考え方など、
人間関係における知識も色々と学び、現在も勉強させていただいています。


きれいな看護師さんにもたくさん会えました(笑)

(私はチキンなので、恋愛沙汰やムフフな展開に持ち込むことはできませんでしたが)


社内で私しか持っていないノウハウも得ることができ、
そのおかげで非常に知名度の高い大企業と一緒に仕事をするときは
必ず私に任せてもらえるようになりました。


というか、社内で私しかできません。


そんなこんなで入社から5年が経過したある日、理由は覚えていないのですが、
その年に入社した大学院卒の新人さんと他の部署の同期と私の3人で
給料の話になりました。


そこで判明したのが、

  • 大学院卒新人さんの基本給よりも自分の基本給の方が少ない
  • 他部署の同期と私の基本給はまったく同じ
  • 他部署の同期と私のボーナス額はまったく同じ
  • 他部署の同期が客先の看護師さんと付き合っている

という、まったくもって認めることのできない現実でした。


私は別段、優秀な人間ではなく、平凡な人間です。


もちろんミスします。


先輩に叱られたことは数知れず・・・。


部署内でも叱られランキングはTOP3に入るでしょう。


それでも仕事量やノウハウのおかげか、
それとも私のプロジェクトのほとんどが利益率50%を超えているからか、
上司との評価面談では平均より少し上の評価を頂いていました。


その結果が今の給料です。


「あー、聞かなきゃよかった・・・」


新人さんの話を聞いてそう思ったのと同時に、
モチベーションは0になりました。


「評価って何?」
「何のために上司と評価面談してるの?」
「結局は年功序列と学歴なの?」


今まで必死に働いて、
叱られて、
褒められて、
経験して、
学んで・・・。


その結果得た平均より上の評価にいったい何の意味があるのか、
強い疑問を感じました。


もしかすると、このプロフィールを読んでいる方の中には

「給料をもらいながら学べて、経験できて、叱ってもらえるのだから
 生意気言うなよ!!」

と不快に思われる人がいるかもしれません。


そのような方には「仰る通りです」としか言えないのですが、
私よりも能力が低いくせに大した仕事もせず、
そのくせ私の2倍以上の給料をもらっている社員がいるという事実に
耐えられそうもありませんでした。


そしてこれを堺に、私は転職を考えるようになりました。



副業を始めよう

転職を考えたのもつかの間、私はいくつかの現実的な問題に直面しました。

  • 転職することのリスク
  • 転職先での自分の将来
  • そもそも転職活動する暇なくね?



転職するには今の会社を辞めなければなりません。


つまり、次の職が見つかるまで収入はゼロになるということ。

(在職中は“いちおう”転職活動が禁止なので)


しかも私は面倒くさがり屋。


たくさんの会社を回って、履歴書を書いて、面接して・・・。


そして私は出張が多く、そもそも転職活動に時間があまり取れません。

(このプロフィールでさえ、出張先の滞在ホテルで書いています。)


転職したとしても、そこでの自分の将来はどうなるのか?


自分の将来像は自分の上司なのではないか?


結局は奴隷となって、こき使われて、
評価に関係なく年功序列の給料とボーナスをもらって、
定年までの残り何十年を過ごすのか?


無理です!!


結果が評価されないなんて私には無理です!!


そこで考えたのが、

「自分のペースでできる副業を始めて、いずれそれを本業化する」

ことでした。


そして出会ったのが、「ネットビジネス」(インターネットビジネス)です。



アフィリエイトで稼ぐ

いま私が取り組んでいる副業は「アフィリエイト」です。


出張で外出しがちな私が可能な副業は、

  • 自分の空き時間に自分のペースで作業ができる。
  • 外出先でも作業ができる。

この2つの条件が必須でした。


この条件のもと副業を探すと、おのずとネットビジネスにたどり着くわけです。


ネットビジネスと一言で言っても色々なものがあります。


輸入・輸出転売やせどりなどの物販、
クラウドファンディングといった技術提供、
そしてアフィリエイトなどなど。


転売やせどりなどの物販は商品の仕入れと発送作業があるので、
出張ばかりで自宅にほとんどいない私には厳しい。


技術提供は納期があるため、激務であまり時間の取れない私には厳しい。


そこで目を付けたのが「アフィリエイト」です。


空いた時間にブログを書き、
空いた時間にメルマガを発行し、
アフィリエイトで広告収入を得る。


ブログ更新やメルマガ発行はインターネット環境があれば自宅じゃなくてもできる。


しかも自分への信頼・評価がそのまま報酬につながる、完全な成果主義の世界。


実に私に合った、自由なビジネスだと思いました。


そして私の副業アフィリエイターとしての生活が始まり、今に至ります。



あなたに高品質なアフィリエイト情報をお届けします

巷ではよく「アフィリエイトは稼げない・もうアフィリエイトは古い」と言われます。


少し昔のデータではありますが、
アフィリエイターのうち約95%が月商1万円未満という数値も出ています。


「じゃあ何でお前は稼げないビジネスをやってるんだ?」

あなたはこのように思うかもしれません。


正直なところ、はじめは私もそう思いました。


ではなぜ私がアフィリエイトをしているか。


それは私が、

「アフィリエイターとして稼ぐために必要なノウハウ」

を入手し実践することができるようになったからです。


アフィリエイトは非常に敷居が低く、誰でも簡単に参入できるビジネスです。


そのため何の知識もない人、
間違った方向の知識を持った人がブログを書き、
アフィリエイトで広告収入を得ようとする。


それでは稼げるわけがありません。


つまり、95%の人たちは稼がざるべくして稼いでいないんですね。


実際に私は最初の半年ほど、1ヶ月に5,000円の売上があるかどうかという、
95%のアフィリエイターの仲間でした。


もちろん売上0円の月もありました。


なぜなら、自分が正しいと思い込んで手に入れた情報が
実は間違った方向のものだったからです。


そんな私でも、たった1つの必要十分な情報を手に入れ、
それを実践できるようになってから、
95%の稼げないアフィリエイターから卒業することができました。


どんな人でも、身につけた知識が間違った方向のものなら結果は出せません。


私が間違って体験したことを、
このブログを訪問してくれたあなたには体験してほしくない。


無駄な時間を使ってほしくない。


そう思い、このようなブログを作りました。


もしあなたが

  • アフィリエイトしようかどうか迷っている
  • 95%の稼げないアフィリエイターを脱出したい
  • 今よりも多くの収入を得たい
  • そもそもアフィリエイトって何?

これらのどれかに該当するのなら、ぜひ私のブログやメルマガを活用してください。


私がどんな情報を手に入れて今に至るか、
余すところなくあなたにお伝えすることを約束します。


> 無料メールマガジンの登録はこちら

ゆうや

このページの先頭へ