何を書けばいい? アフィリエイトブログに必要な3種類の記事と役割

ブログの作成が完了して、いざ記事を書いていく段階に入った時、
ほとんどのアフィリエイト初心者さんが止まってしまうポイント、それが

「どんな記事を書けばよいか分からない」

という点ではないでしょうか?


アフィリエイト初心者さんの中では

「アフィリエイト = 商品紹介して成約報酬をもらう」

というイメージが強いのか、

「売り込み記事をなるべく多く書く」
「商品紹介をより詳しく書く」

という点のみがクローズアップされがちだと思います。


もちろん、売り込み記事を詳しく書くことは重要事項の1つではありますが、
売り込み記事しかないブログからは商品は売れないということも
意識しなければなりません。


これは、もしあなたが他人のブログに訪問したらということを
想像してみれば分かると思いますが、
売り込み記事(商品レビュー)しか載っていないブログに
良い印象を持つ人はあまりいないでしょう。


なぜなら、特に日本人は商品を売り込まれることを嫌う傾向にあるからです。


あなたがいざ商品を買おうという時でも、商品の特徴以外に

「売っているのはどんな人(店)なのか」
「この商品は自分にとって本当に必要なのか」

ということを気にしたことはありませんか?


まったく同じ商品でも、
それを売り込んでくる営業さんや店員さんの印象1つで
良い商品にも悪い商品にもなり得ますよね。


更に、どれだけ優れた商品であっても、
それを買ったお客さんの悩みや願望から逸れてしまっていれば
そのお客さんからは「悪い商品」として扱われてしまいます。


つまり、商品を売り込まれる側には

  • どんな商品があるのか知りたい
  • それをどんな人(店)が売っているのか知りたい
  • それをどんな理由付けで(ターゲットに対して)売っているのか知りたい

という、3つの潜在的な心理が働いていると言えると思います。


ここまでで勘が良い方はお分かりかもしれませんが、
これら3つの心理を「ブログ」という媒体でクリアするためには
それぞれを受けもつため、以下「3種類の記事」が必要不可欠です。

  • どんな商品があるのか知りたい
  • → ブログで扱う商品の売り込み(商品レビュー)記事

  • それをどんな人(店)が売っているのか知りたい
  • → ブログ運営者のことが分かるプロフィール記事

  • それをどんな理由付けで(ターゲットに対して)売っているのか知りたい
  • → 読者に「欲しい」「自分に必要だ」と思わせるための教育記事



「売り込み記事」については語るまでもないと思いますが、
「プロフィール記事」「教育記事」についてはピンと来ないかもしれませんので、
以下で補足させていただきますね。


※売り込み記事を極めたいあなたはこちら
> コピーライティング講座



プロフィール記事

「商品を売っている・紹介している人はどんな人物なのか」
「なぜブログを運営しているのか」


このような読者の疑問に答えるのが「プロフィール記事」の役割です。


私のブログにも「私がどんな人間なのか」「なぜこのブログを作ったのか」ということを
プロフィール記事に全て載せており、サイドバーやブログトップなどの
見つけやすい場所にリンクを貼ってあります。

> 「ゆうや」の詳細プロフィール


ぶっちゃけた話、あなたが扱っている(扱おうとしている)商品は
あなた以外のライバルアフィリエイターも扱っていることがほとんどです。


誰から買っても値段は同じですし、
誰から買っても商品の内容は同じです。


情報商材アフィリエイトに限っては「特典」という形で
商品の内容を差別化することは可能ですが、
それ以外の成約型アフィリエイトの場合は特典を付けられないことが多いため、
商品の内容を差別化することはできません。


アフィリエイターの都合で「値引き」することもできませんよね。


商品の値段と内容を差別化できない以上、
それ以外の部分で差別化しなければなりません。


それは「誰から買うか」です。


つまり、読者に「あなたから買う理由」を感じてもらう必要があるんですね。


その取っ掛かりとして使うのが「プロフィール記事」だということです。

  • どんな人物なのか
  • どんな経歴・実績があるのか
  • どんな考えを持っているのか
  • どんな情報を発信しているのか
  • なぜブログを運営しているのか



上記以外にも色々考えられますが、
「あなた」という人物をイメージしやすいようなプロフィール記事を
しっかりと作り込んでください。


ただプロフィール記事を書く際に犯しやすい失敗なのですが、

「万人受けするようなプロフィール記事を作る」

ということはしないでください。


多くの読者に良い印象を持ってもらいたいという気持ちはとても分かりますが、
それは到底不可能なことです。


10人いれば10人が違った考えを持っていますし、
中にはアフィリエイトブログに対して嫌悪感を持っている人もいますからね。


万人受けするようなプロフィールとは、裏を返すと

「10人全員に可もなく不可もない印象を持たれるプロフィール」

ということです。


それならばあなたと近い考えや環境、悩みを持った人だけに向けた

「9人に嫌われても1人に好かれるプロフィール」

を作るべきです。


それこそが「リピーター」「ファン」と呼ばれる
長期に渡って支持してくれる可能性を持つ読者を増やす唯一の方法であり、
あなたがアフィリエイトで長期的に稼いでいくために必要なことです。



教育記事

前述のプロフィール記事でも触れた「あなたから買う理由」をより深めるための記事、
それが「教育記事」の役割です。


あなたのブログには色々な読者が訪れます。


商品の購入を迷っており、詳しい事を調べに来る人。

買った商品に満足できず、他の商品を探しに来る人。

商品の存在は知らず、漠然と悩みを解決する方法を調べに来る人。

あなたのブログを参考にしたいライバルアフィリエイター。


本当に色々な人があなたのブログに訪れることになりますが、
純粋に「商品を買いたい」という、ショッピングサイト感覚で訪れる人は
ほとんどいません。


つまり、読者に対して

  • 商品の存在を知らせる
  • 商品に繋がるような知識・情報を与える
  • 商品が欲しくなるような知識・情報を与える
  • 商品の有効な活用方法を知らせる

など、売り込むことを目的とせず(アフィリエイトリンクを貼らず)、
結果的に商品に対して良い印象を持たせることを目的とした記事が必要であり、
それが「教育記事」ということです。


私のブログでは以下のようなコンテンツが教育記事にあたります。

> コンテンツ一覧


当然、教育記事における主役は商品ではなく、
読者が持っているであろう「悩み・願望」や「知りたいこと」です。


読者の「悩み・願望」「知りたいこと」を的確に捉えた教育記事を書いていくことで

「この人なら自分の悩みをしっかり理解してくれている」
「この人の言っていることなら信用できる」
「この人からなら商品を買っても大丈夫そう」

という共感や信頼、更にはあなた自身の「ブランディング」に繋がり、
それこそが「あなたから買う理由」になります。


そのためには商品知識はもちろん、
商品に関連する分野の知識・情報を学ばなければなりませんし、
読者の「悩み・願望」「知りたいこと」を見抜く力が必要になります。


知識・情報についてはネットや本、無料レポートなどから学んでいくしかりませんが、
「悩み・願望」「知りたいこと」については商品の販売ページ・セールスレター、
更には検索エンジンのサジェスト・関連キーワードから誰でも読み取ることが可能です。


これについては以下の記事で詳細を解説していますので、
興味のある方はぜひご覧ください。

> 質の高い記事を書くために。「読者目線の記事」とは?

> コピーライティングにおける市場のリサーチ。相手の心理を知る



まとめ

  • アフィリエイトブログには
    「売り込み記事」「プロフィール記事」「教育記事」
    の3種類の記事が必要。

  • 「プロフィール記事」であなたの人物像をイメージさせ、
    「あなたから買う理由」の取っ掛かりにする。

  • 「教育記事」で読者の悩み・願望・知りたいことを解説し、
    自分のブランディングに繋げることで「あなたから買う理由」が生まれる。



以上、本章のまとめでした。


よく私のブログ・メルマガ読者さんから頂くのが

「ブログを作ったら最初にどの記事を書けばよいのか?」

という質問なのですが、私は

「プロフィール記事から書くべき」

と思います。


プロフィール記事はあなた自身だけでなく、あなたのブログやメルマガの印象も決める
「全ての取っ掛かり」となるからです。


アフィリエイトの「テーマ」を決めたら、まず始めに
そのテーマに合うようなプロフィールを考えるようにしてみてください。



ブログ記事執筆講座

第1章 何を書けばいい? アフィリエイトブログに必要な3種類の記事と役割
第2章 質の高いブログ記事を書くために。「読者目線の記事」とは?


無料メールマガジン

私のアフィリエイトノウハウを無料公開中です。

年収5億円コピーライターとのセールスレター共作や
コンサルで培ったコピーライティングスキルを筆頭に、
アフィリエイトで稼ぐための情報を無料発信しています。

いつでも購読解除できますので、まずはお試しでも結構です。
お気軽にご登録ください。

> メールマガジン登録はこちら

このページの先頭へ