質の高い記事を書くために。「読者目線の記事」とは?

「有用で信頼できるコンテンツをユーザーに提供する皆さんを、
 正当に評価するウェブのエコシステム作り」

※Googleウェブマスター向け公式ブログ「日本語検索の品質向上にむけて」より引用



これは2017年2月3日にGoogleが我々のようなサイト・ブログ管理者に向けて
発表したメッセージの一部です。


以前もGoogleから同様のメッセージ・方針が発表されたことはありましたが、
今回のこのメッセージも

「Googleは読者のためになる、質の高い記事を評価していきますよ」

ということを改めて強調したものと言えると思います。


私のようにブログやメルマガで情報発信しているアフィリエイターにとって、
ブログやメルマガ記事の質を高めるということは必要不可欠な要素であり、
同時に一番頭を悩ませる要素でもあります。


それを緩和するべく、最近では他人のサイト・ブログで発信されている
有用な記事や情報をリライトしてまとめ、1つの媒体に集めて発信するという
新しいアフィリエイトノウハウが登場しました。


いわゆる

「キュレーションサイト(まとめサイト)」

というものですね。


キュレーションサイトのノウハウは情報商材としていくつか発売されており、
アフィリエイターの中でも流行っているノウハウでしたが、
このキュレーションサイトを発端とした大問題も発生してしまいました。


まだ記憶に新しい、2016年に起きた
「DeNA・WELQキュレーションサイト問題」ですね。


どこの誰かも分からない外注のWebライターを雇い、
リライト元記事の信憑性・信頼性を確認することもせず、
挙句の果てには内容と直接関係のないキーワードを多々使うことで
無理やりSEO対策が施された低品質なリライト記事を量産し、検索上位に食い込む。


これがGoogleの逆鱗に触れてしまった結果、
2017年2月3日にGoogle日本語検索アルゴリズムがアップデートされ、
同時に冒頭のメッセージが公開されました。


アップデートの細かな詳細までは公開されていませんが、
低品質な情報を発信するサイト・ブログを排除するようなものだそうです。

> (参考) Googleウェブマスター向け公式ブログ「日本語検索の品質向上にむけて」


このアップデートは私のような「質重視」のアフィリエイターにとってはむしろ吉報で、
キュレーションサイトのような小手先だけのリライトメディアがいかに危険か、
Googleからのメッセージを以て改めて認識することができました。


結局のところ、今回のアップデートにおいて名言されている

  • 読者目線の情報を発信しているか
  • 自分の言葉で伝えているか(リライトではない)

という2点が「質の高い記事」として評価されるために必要であり、
今後のネットビジネスにとって更に重要な要素となることは間違いありません。


ということで今回はGoogleアップデートで明言された
質の高い記事として評価される要素の1つ、

「読者目線の情報を発信しているか」

という点にフォーカスし、

「読者目線とは?」

という部分について講義していきたいと思います。



読者目線とは?

読者目線の記事を書くからには当然、「読者を理解する」ことが必要です。


「読者を理解する」というのは言い換えると

読者の悩み・願望を知る

ということです。


あなたも同じだと思いますが、GoogleなどでWeb検索するということは
その人には何らかの「知りたいこと」があるはずですよね。


そして「知りたい」と思う背景には悩み・願望という心理が必ずあります。


なぜなら、「心理が何もない」のであれば、検索キーワードを連想することすら
できないからです。


「それを知りたいという願望」
「解決したいと思う悩み」

という心理があるからこそ、読者はそこに繋がるような検索キーワードを
連想できるということですね。


そして最終的に「自分の悩み・願望を解決できそうな記事」を
検索結果一覧を見渡して開くという行動を取ることになります。


つまりGoogleがが言うところの「読者目線の記事」とは、

「読者の悩み・願望を汲み取り、解決に導くための記事」

であり、それを認識した上で記事を書くことが
Googleからの評価、更には読者からの評価に繋がると言ってよいと思います。



読者の悩み・願望をどうやって知るのか?

それでは肝心な「読者の悩み・願望」は、どうやって知ればよいのか。


これは人の心理が関わるもので、当然ながら個人差があるため
「正解」というものは存在しませんが、

「比較的多くの人が持っているであろう悩み」
「比較的多くの人が持っているであろう願望」

は誰にでも簡単に、かつ無料で調べることが可能です。


私が実践している調べ方は

  • 商品のセールスレターを使って調べる
  • 検索エンジンのサジェストワード、関連キーワードから連想する

という2つの方法があります。


1つ目の「商品のセールスレターを使って調べる」という方法は、
セールスレターに書かれたコピーがどのような悩み・願望を対象にしているか、
それを俯瞰的に読み取りアウトプットしていくという方法です。


こちらの詳細については以下の記事で説明していますので、
興味のあるかたはぜひご一読ください。

> コピーライティングにおける市場のリサーチ。相手の心理を知る


そしてもう1つは「検索エンジンのサジェストワード、関連キーワードから連想する」
という方法です。


Googleの検索キーワード入力欄に何か文字を打ち込むと、
下図の別のキーワードがサジェストされたり、
関連キーワードが表示される機能がありますよね。

■サジェストワード(サジェストキーワード)
サジェストワード

■関連キーワード
関連キーワード


Yahoo!にもGoogleと同様の機能があります。

■Yahoo!サジェストワード
Yahoo!サジェストワード

■Yahoo!虫眼鏡キーワード
Yahoo!虫眼鏡キーワード


このようにサジェストされたり、関連・虫眼鏡キーワードとして表示されるものは
多くの人が検索キーワードで使っているということであり、
「比較的多くの人が知りたいと思っていること」に他なりません。


これらのキーワードをピックアップし、
そこからあなたが連想できる「読者の悩み・願望」に対して記事を書けば、
それは比較的多くの人が求める記事になり得るということです。


例えば「アフィリエイト 儲からない」というYahoo!虫眼鏡キーワードから
読者の悩み・願望を連想してみると・・・。

キーワード:アフィリエイト 儲からない

(悩み)
・アフィリエイトで儲からない原因が分からない。(何をすればよいか分からない)

(願望)
・本当にアフィリエイトは儲からないのか知りたい。
・アフィリエイト以外の儲かるネットビジネスを知りたい。



これには絶対的な「正解」というものはありませんが、
上記例のようにキーワードから連想できる読者の悩み・願望が必ずあるはずです。


つまり、関連するキーワードを適切に使ったうえで
そこから連想される悩み・願望を解決できるような、解決に繋がるような記事を書けば、
必然的にその悩み・願望を持った読者の興味を惹きつけることができるようになります。


読者の興味を惹きつけることができれば、

「読者があなたの記事をしっかり読む(ブログ滞在時間の増加)」
「読者があなたのブログの他の記事に移動する(ブログ巡回率の増加)」

ことにもなりますので、意図せずともSEO対策に繋がるようになり、
あなたのブログは「検索上位」に上がることになります。


集客・SEO対策講座でもお話していますが、
このような読者を惹きつける記事を書くことこそが
Googleが求める「本質を捉えたSEO対策」だと私は考えており、
今回のGoogle日本語検索アップデートでその考えは確信に変わりました。


「そのキーワードを検索する読者は何に“悩んで”いるのか」
「そのキーワードを検索する読者は何を“望んで”いるのか」

これらを適切に見定め、相手の心理を汲み取り、その解決策を提示する。


そのための前工程として、まずはキーワードをピックアップするところから
始めてみてください。


なお、無料ツールを使ったキーワードの調査方法もありますが、
それについては以下の記事の後半で詳細を解説していますので、
興味があればご覧ください。

> ブログ記事の役割を踏まえたキーワード選定とは?



まとめ

  • 検索エンジンから評価されるには「読者目線の記事」を執筆する必要がある。

  • 「読者目線に立つ」とは「読者の悩み・願望を理解する」ことである。

  • 読者の悩み・願望を理解するには
    商品のセールスレターに書かれたコピーから読み取るか、
    サジェスト、関連、虫眼鏡キーワードから連想する。



以上、本章のまとめでした。



ブログ記事執筆講座

第1章 何を書けばいい? アフィリエイトブログに必要な3種類の記事と役割
第2章 質の高いブログ記事を書くために。「読者目線の記事」とは?


無料メールマガジン

私のアフィリエイトノウハウを無料公開中です。

年収5億円コピーライターとのセールスレター共作や
コンサルで培ったコピーライティングスキルを筆頭に、
アフィリエイトで稼ぐための情報を無料発信しています。

いつでも購読解除できますので、まずはお試しでも結構です。
お気軽にご登録ください。

> メールマガジン登録はこちら

このページの先頭へ